失恋をして以来カードローンで買い物をするようになった


私には10年近く付き合っていた彼女がいたのですが、些細なケンカがきっかけで失恋してしまいました。これは非常にショックなことで、心の隙間を埋めるように買い物ばかりするようになりました。さらに足りない分をカードローンで賄うようになっていきました。

【体験者の情報】
性別:男性
職業:飲食店
年齢:27歳
借入額:30万円
借入先(業者):レイク

■つまらないことで彼女とケンカ
私には高校から付き合っている彼女がいました。お互いにとって初めての恋人で、とても嬉しかったことを覚えています。それから私たちは高校を卒業すると、別々の専門学校へ進学しましたが順調な交際を続けていました。専門学校卒業後は就職をして、結婚のことも考えるようになったのです。しかし、本当につまらないことでケンカをしてしまったのです。それがきっかけとなり彼女から別れ話を切り出されたのです。私が素直に謝れば良かったのですが、おかしなプライドでそれができませんでした。そして、これだけ長期間付き合っていた彼女と別れたのです。

■失恋した心のスキマを埋めるための買い物
このような経験は初めてだったので、それから1ヶ月の間は何もすることができませんでした。周囲には結婚をする友達も出始めたころです。私は急に寂しさを感じ、買い物ばかりするようになったのです。物欲を満たすことで心が満たされたような気分になりました。これまでやったことが無いにも関わらず、スノーボードやゴルフクラブを買ってしまったのです。こうなってしまうとお金がいくらあっても足りません。最初は結婚資金に手を出したのですが、ついには消費者金融のレイクにも借りるようになったのです。

■限度額まで借りてようやく気づく
カードローンの限度額は30万円でしたが、この限度額まですぐに達してしまいました。それまで私は借入額をほとんど気にせずキャッシングをしていたのですが、そこでようやく危険な状態であることに気づきました。その時点で彼女と別れてから1年が経っていました。そこで目の覚めた私は完済することを決意したのです。結局いくら物欲を満たしても意味はありません。今は前向きになり、完済と新たな出会いを目標にして生きています。

キャッシング会社に勤める彼女のため、生活費をカードローンで支払った話


某大手消費者金融のコールセンターで働く彼女は、しっかり者です。私は、彼女の元ヒモで、現フリーターです。プラモの組み立てや着色で、生計を立てています。二人で住んでいるマンションの部屋代は、毎月10万近くかかります。彼女のため、楽天銀行のカードローンで家賃を支払いました。これって、男らしいですよね?

【体験者の情報】
性別:男
職業:フリーター
年齢:23歳
借入額:20万円
借入先(業者):楽天銀行

▼コールセンターの女性
私は、都内某所のコールセンターで、消費者金融にお問い合わせをする女性と付き合っています。本人は、「別に大した仕事じゃない」と話されていますが、とても重要な役目を背負っていると思います。

コールセンターでは、業務時間中、ずっとお客様の応対をします。きちんと応対できないと、後日クレームが入るので、大変な仕事です。私は、どちらかと言うとインドア派ですので、彼女の苦労は分かりません。しかし、彼女の実務を想像するに、相当大変な仕事だと思いました。

▼ヒモorフリーター
どちらも経験した者として、アドバイスいたしますと、「気楽に考えるべき」と思います。人生は、いつどこでどう転ぶか分かりません。現実を受け入れて、少しずつ前に進みましょう。

私は、人生の底辺を味わいました。彼女と出会うまで、いろいろな意味でサバイバルでした。キャッシングに申し込まなかったことが奇跡です。もしあの時に申し込んでいたら、十中八九踏み倒していたと思います。

▼部屋代の支払い
マンションの部屋代は、2人で支払っています。私がヒモだった時、借りたマンションです。彼女はこまめに働き、毎日遅くまで残業をしていました。私は、申し訳無さでいっぱいになり、日雇いで働きました。しかし、使い物にならず、逆戻りでした。

転機が訪れたのは、「ネット副業」を知ったことでした。どうやって副業したらいいのかわからず、とりあえずブログを書いていました。今は、手先の器用さを活かして、プラモを作り、ヤフオクで販売しています。ちなみに、組み立てたプラモの塗装は、とても繊細な作業です。

▼楽天銀行から借り入れ
以前、ネットオークションの支払いのため開設した、「楽天銀行」の口座がありましたので、楽天から借り入れる事にしました。運転免許証が無いため、パスポートで代用しました。返済は月5万ずつ、4、5ヶ月かけて行う予定です。

▼男らしさ?
「かよわい女性を守る」のが、男のつとめです。中世の騎士を想像し、「ジェントルマン」になろうと考えています。ジェントルなポリシーで、今日も明日も彼女を守っていきたいです。でも、収入が少ないので、当分プロポーズは難しそうです。

友達の結婚式が続いたため消費者金融でキャッシング


30歳になったことをきっかけに周囲で結婚式ラッシュが起きました。おめでたいことなのですが、正直ご祝儀を払うことは大変なことです。遠方の友達の場合は交通費もかかってしまいます。そこで消費者金融でキャッシングをすることにしたのです。

【体験者の情報】
性別:男性
職業:会社員
年齢:31歳
借入額:10万円
借入先(業者):モビット

■友達の結婚式が続いてピンチ
ついに30歳になってしまいました。いつまでも若いつもりでいましたが、気付いたらこの年齢になっていて驚きです。一般の社会人であれば会社でもそれなりの地位になるのでしょうが、私は相変わらず平社員です。この歳になると誰もが結婚を考えるものですが、私の周りの友達も同様のことです。急に結婚式が舞い込みました。それは私が高校生のときからの大親友の結婚式であるため、絶対にキャンセルはできません。いつもふざけてばかりの友達ですが、結婚式の時は大人に見えるものです。しかし、それからしばらくすると別の友達の結婚式がありました。これだけ結婚式が続くと、少しずつ財布が寂しくなって来るものです。

■遠方の友達の結婚式でキャッシング
その後も結婚式があったのですが、ある友達が飛行機で行かなければならないほどの遠方です。しかし、大切な友達なのでこちらもキャンセルすることができません。そこで、消費者金融のカードローンを考えたのです。どうやって手続きをして良いのかまったく分からなかったため、まずはインターネットの口コミサイトで体験談を読みました。正直、消費者金融には怖いイメージがあったのですが、どうやらしっかりと返済をすれば特に怖いことは無いようです。そこで、モビットのインターネット審査を受けたのです。すると、想像していた以上にすんなりと審査を通過することができました。これで友達の結婚式などに必要な10万円を借りることにしました。

■結婚式の二次会で良い出会いがあった
高校時代の友達の結婚式だったのですが、結婚式へ行くと久しぶりの友達と再開することができました。中には高校卒業ぶりに再開する友達もいて、楽しい時間を過ごすことができました。そして、披露宴の後に二次会にも参加したのですが、そこでとても美しい女性がいたのです。社会人になってから出会いが激減していたので、それは私にとって刺激的なものでした。勇気を出して話し掛けてみると、お互い普段は都内に住んでいることが分かったため連絡先を交換しました。キャシングをして結婚式に参加して良かったと思っています。

パチンコで作ってしまったカードローンを完済


20代のころから暇つぶし程度にパチンコをしていたのですが、仕事のストレスが溜まったことで、パチンコにドップリとハマってしまったのです。そこで、消費者金融でキャッシングをしてしまいました。1年半かかりましたが現在は完済しています。

【体験者の情報】
性別:男性
職業:SE
年齢:33歳
借入額:100万円
借入先(業者):モビット

■あこがれのSEになるため情報系の大学へ
私は学生のころからプログラムに興味を持っていました。初めてパソコンを買ってもらったのは中学生のころで、それ以来独学でプログラムの勉強をしていました。高校に進学してもその熱は収まらず、将来プログラマーになることを夢見ていたのです。高校を卒業すると情報系の大学へ進学し、さらに技術を身につけました。大学在学中はオールラウンドサークルに所属し、それなりに楽しい生活を送っていました。それと同時に居酒屋でアルバイトをしており、アルバイト仲間と飲みに行くこともしばしば。あるとき、その仲間からパチンコを教えてもらいました。周りでもパチンコをやる友達は多かったのですが、私はギャンブルというものが苦手だったためハマることはありませんでした。

■就職したものの仕事でストレスが溜まる
大学を卒業するとベンチャー企業へSEとして就職が決まりました。一般の企業と比較してベンチャー企業はハードと言われていましたが、実際に仕事内容はハードなものでした。しかし、あこがれだった業種なので頑張ることができたのです。そのような生活の中で唯一ストレスの発散となったのがパチンコです。学生時代はハマることが無かったのですが、ある休日にフラッとやってみたくなったのです。これがビギナーズラックだったようで、5万円も買ってしまったのです。これがすべてのきっかけでした。それ以来暇さえあればパチンコへ通うようになりました。独身で趣味らしい趣味も無かったため、それから間もなくして毎回数万円も使うようになったのです。

■パチンコのためにキャッシング
もちろん負けることがほとんどだったのですが、稀に10万円ほど勝つことがあったため、パチンコの刺激から逃げられなくなっていたのです。しかし、このような生活が長く続くわけはありません。すぐに貯金が尽きてしまいました。これで懲りれば良かったのですが、「いつか必ず勝てる」というおかしな自信があったのです。パチンコ雑誌やパチンコ攻略サイトをチェックしてデータを取り入れたのですが、そのようなことで勝てるものではありません。そこで、消費者金融でキャッシングをすることにしたのです。インターネットのバナー広告で見かけたモビットに申込みをすると、あっさりと審査が通ってしまいました。勤続年数が長かったことが理由のようです。まずは数万円借りてみました。当時の私は「カードローンをしてまでパチンコをやるなんて」という考えもあったのですが、パチンコの誘惑には勝てません。

■限度額までキャッシングをしてしまう
最初は数万円のつもりでしたが、気づけば数十万円まで借りています。このようになってしまうと仕事中にもパチンコのことばかり考えるようになり、休日には良い台を求めて朝から並ぶことなど当たり前です。これは完全にパチンコ依存症です。それからしばらくすると、カードローンはついに限度額まで達してしまいました。そこで、「新たな消費者金融から借りてしまおうか」と真剣に悩んでいたのです。そのような時期に大学時代の友達と飲む機会がありました。当時の友達の近況を聞いてみると、多くが結婚をして堅実な生活をしているのです。その途端に限度額まで借金をしていた自分が情けなく感じたのです。帰り道に心の中で「もう二度とパチンコをしない」と誓ったのです。

■パチンコの誘惑を断って完済
パチンコの誘惑を断つために、インターネットでパチンコの失敗談を調べてみました。私も重度のパチンコ依存症でしたがそれ以上に悲惨なケースがあったため、それを何度も読み返しました。外を歩いていてパチンコ屋を見つけるとどうしても行きたくなってしまうので、携帯電話に失敗談を入れていつでも読めるようにしたのです。誘惑に負けそうなときはそれを読んで気持ちを紛らわせました。最初の数日間は苦しいものでしたが、時間が経つにつれてパチンコを忘れることができました。それから1年半ほどしてカードローンを完済することができたのです。パチンコと消費者金融はこりごりです。